『ピアスーパービジョンのすすめ』 ~事例検討会を通して援助者同士で支え合う~

平成23 年度の介護労働安定センターの調べによると、介護の仕事に携わる職員の離職率は16.1%で、他の産業に比べ高い水準となっています。「やりがいがある」という思いを持って仕事に就いてはみたが、理想と現実とのギャップ、利用者や職員との関係をうまく取ることができないなどの理由によりバーンアウトし、離職してしまうというケースが多くみられています。
職員の定着を促す方法として、職員に援助者としての技術や知識、価値を再確認させ、サポートする「スーパービジョン」が注目されています。スーパービジョンとは、「対人援助を行う施設や事業所等において、スーパーバイザーによって行われる専門職としての援助者を養成する過程である。」と定義されます。しかし、スーパーバイザーを置いてのスーパービジョンは、人的にも時間的にも困難な場合があります。そんな中、同じ立場の職員同士が悩みや不安を共有し、ともに解決策を考えていく「ピアスーパービジョン」の必要性が高まっています。
今回、スーパービジョン指導の第一人者として全国を飛び回っていらっしゃる植田寿之先生をお迎えし、スーパービジョンの基本的なスキルを学ぶとともに、ピアスーパービジョンを取り入れた事例検討会を通して、皆さんが日頃抱えていらっしゃる葛藤や不安などを解消できることを目的とした研修会を開催致します。
スーパービジョンについて学ぶまたと無い機会となりますので、奮ってご参加の程をよろしくお願い致します。

 

詳細については実施要項を必ずご確認ください。

実施要項

概要

開催日時

2013-01-12(土)10:00~16:00

受付開始日時

受付終了日時

2013年1月11日 11:59

申し込み方法

ホームページからお申込みいただくか、別添参加申込書(実施要項)に必要事項をご記入の上、郵送又はFAX で山口県介護福祉士会事務局へお申込みください。

詳細は実施要項を必ずご覧ください。

研修受講券による研修参加費の割引制度について