TOP > 介護福祉士とは

介護福祉士とは

介護福祉士とは、介護の専門家として1987年に社会福祉士及び介護福祉士法に基づいて制定された国家資格です。
介護福祉士は専門的知識及び技術をもって、身体上又は精神上の障害で日常生活に支障がある方を対象に、状況に応じた介護や指導を行います。

介護福祉士の仕事は、身の回りのお世話をするのみならず、高齢者や障害者等の生き方や生活全体にかかわることで利用者の暮らしを支え、自立に向けた介護を利用者や家族と共に実践することが求められます。

主な活動場所として、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、デイサービスセンター、障害福祉サービス事業所、小規模多機能、グループホーム、在宅支援センター、在宅訪問介護事業所などがあります。地域包括支援センターの職員などのように相談に当たる場合もあります。

 
介護に対する認知・需要が高まり、多くの場所での活動に対する期待が集まっています。

ページの先頭へ