TOP > 周南ブロックからのお知らせ

周南ブロックからのお知らせ

*** 有吉病院 施設見学 報告 ***

919日(金) 福岡県若宮市にある有吉病院を参加者17名で見学に行きました。

◆施設概要

・昭和55年開設

・外来診療科目;内科・消化器内科・小児科・皮膚科・循環器内科・リハビリテーション科

・病床数;146床(医療療養型は56床、介護療養型は90/全室個室・ユニットケア)

・関連施設; ケアハウス笠松苑・ グループホーム笠松の郷・有吉病院デイサービスセンター等      

・介護病院棟平均介護度 4.63

・平成6年 褥瘡患者ゼロを掲げ、その約2年後、達成

・平成14年から介護療養型病床を個室化にし、ユニットケアの取組みを開始

(ユニットケアの取組みとして最初に行ったのがオムツ外しと離床)


今回は、午前中、約1時間、2つのグループに分かれて介護病床型病棟内と昼食時介助の様子を見学しました。午後は職員の方からの説明、質疑応答の懇談会を約2時間行いました。 

◆印象に残った点

①職員は制服でなく私服であること。利点として、

1)入所者と職員のカベをなくし、入所者に親しみをもってもらう。

2)職域のカベをなくすメリットがあり、組織上も介護職も看護職もケア部に所属でフラットな組織編成にしてある。

②業務の様子(懇談会の説明から)

1)引継は、24Hシートに変更点を附せんに記載して貼って実施していること

その時の変更・留意点だけでなく、ユニットケアの根拠となる24Hシートを常に見て業務をしていること。(シートは附せんが多くなったら新たに作成される)

2)引継時、施設の理念を声に出して話すこと(職員によっては自分の言葉に変換して話すことがある)

常にユニットケアの原点を意識することができ、介護業務に忙殺されても、仕事がぶれない。

3)施設内認定試験制度

職員は全員どれかの委員会に所属する。様々な委員会があるがその中の、ケアの達人委員会主催の施設内認定試験があり、合格すると自分の名札や施設内の自分の掲示物にそれを表示できる。

③食事は最後まで口から摂り、楽しく安全に!(他職種間でも共通の認識をもつ)

『食事は最後まで口から摂り、楽しく安全に!』をモットーにして、御飯やおかずの香り、食器を準備する時の音等、これらの五感を刺激する演出を大事にし、御飯は、ユニットで炊く。おかずは、調理室で作り、配膳車で各ユニットに配られるが、配膳車を運んできた調理の職員もユニットでおかずの取り分けを手伝い入所者の食欲を増し、楽しい雰囲気を出す。

④個性的な住空間

介護療養型病床90床の内訳は3階建ての新築60床(各階2ユニット、20床)と既存の建物で多床室を個室に改装した3階建て30床の2棟からなる。

2棟とも、小物等で室内環境に変化をつけてあるが、特に建築家 外山 義(とやま ただし)氏の設計した新築は内装仕上げに木質を多用し温かみのある住空間となってある。

◆新築の特徴

1)暗い照明

高齢者の目に優しいようにあえて、照度を落として暗い照明としてある。

2)変化のある平面プラン

廊下を直線とせず、凹凸をつけ、入所者が身を隠せるような空間を設ける(入所者にとっては、他人から見られないから安心できる空間。)廊下の至る所に木製の椅子が設置され、どこでもすぐ、入所者が休憩できる。

3)シンボルツリー

構造的に取り除くことができない重要な鉄骨柱が廊下の職員詰所前にあるが、この柱の仕上げに丸太をくり抜いた木皮で覆い、建物のシンボルとして活用してある。太い丸太があることによって、木のぬくもりのある温かみのある室内空間となっている。このシンボルツリーは各階で異なる仕上げとなっている。

4)お尋ね所

職員詰所は「お尋ね所」と表札をつけ、入所者が気軽に相談に来れるようにしてある。

5)個室の表札

入所者の家族とその入所者の担当職員等で制作するのでどれも個性的である。設置高さが低いので入所者にわかりやすい。また、表札の横に担当職員の名前も掲示してあり、担当職員の責任と誇りを引き出せるようにしてある。

最後に、職員が落ち着いて入所者の介助を行い、どの入所者も穏やかで過ごされていた様子を観察して、改めて、介護は、施設であっても、日常生活の場での支援であり、一人ひとりの思いを尊重し実践できるように努力しなければならないことを痛感しました。

御多忙な中、丁寧に対応して下さった有吉病院の職員の方々、そして、他県までの長時間安全運転して下さった運転手の方、一緒に楽しく学ぶことができた参加者の皆様この場を借りて厚く御礼申し上げます。

(2014-10-23)


介護リーダーのためのスーパービジョン研修会③ ご報告

平成26年9月17日(水)18時30分から、介護リーダーのためのスーパービジョン研修会3日目を行いました。

本日も事例検討会を行いました。

リーダーになると、抱える不満や不安、責任が多く、広く、重くなります。しかし、その悩みを相談する相手は極端に少なくなります。そういった意味でも、他事業所・施設の同じ立場の方たちが集まって、悩みを共有し、共感・受容する(してもらう)体験ができるこの研修会は意義深いものだと感じています。

今後も、介護リーダーさんにとって、心をやすめ、明日からまた頑張ろうという気持ちになる研修にしていきたいと思っています。

(2014-09-24)


介護リーダーのためのスーパービジョン研修会② ご報告

平成26年8月27日18時半から、新南陽総合福祉センターにおいて、介護リーダーのためのスーパービジョン研修会を行いました。

前回は、県民共済居宅介護支援事業所も杉原須美江先生によるスーパービジョンについての講義でした。講義の後、参加者から今の悩みを伺ったところ、非常に広く深い悩みを皆さんもっていらっしゃることが分かり、当初隔月だった予定を毎月にすることとなりました。

そして、本日からは事例検討会を通してグループスーパービジョンを学ぶこととなりました。一人が事例を提供し、それをメンバーと一緒に支持的な雰囲気の中で検討していきます。検討会が進んでいくうちに、事例が深まるとともに自己覚知が促され、最後には自分が明日から何をすべきかに気づくことができます。

今回の研修会でも、事例提供者の方は多くの課題と強みに気づかれたのではないかと思います。また、メンバーの皆さんも、どのように事例提供者に質問をすれば気づきを促すことができるかなど、コミュニケーションのスキルを学ぶことができたのではないかと思います。

先生、参加された皆さん、本当にお疲れ様でした。また、来月もお願いします。


(2014-08-30)


介護福祉士のための認知症研修会のご報告

~それぞれの病態に応じた認知症ケア~

平成26年8月20日(水)19時から、新南陽総合福祉センターにおいて、原田医院・副医院長の原田和佳先生をお招きし、介護福祉士のための認知症研修会を開催しました。

認知症の種類やその症状を事例を交えながらお話しくださり、現場で認知症介護に携わっている参加者の皆さんも、うなずきながら話を聴かれていました。

また、講演の最後には、感動的なご夫婦のエピソードを話され、会場が感動に包まれました。そして、シメは恒例の歌です。今回は、プリンセス・プリンセスの「M」でした。

多くの学びと笑いを頂いた研修会となりました。

原田先生、本当にありがとうございました。

また今回は、JA周南福祉事業部、山口県ホームヘルパー連絡協議会周南ブロック、山口県宅老所・グループホーム協会光・下松・周南ブロックと協働して開催することができ、それぞれの団体と絆を深めることもできました。今後もコラボ企画を考えていきたいと思います。


  

(2014-08-27)


介護・医療ネットワークづくり研修会のご報告

平成26年7月5日(土)16時から、徳山医師会病院において、介護・医療ネットワークづくり研修会が開催されました。

この研修会は、徳山医師会病院の医師、看護師を中心に、介護、保健、行政、社協などで形成する「あ・うんネット周南」が主催したもので、医療と介護の連携強化を目指して行われました。

最初にミニレクチャーがあり、その後メインのグループワークが行われました。グループは、医師、歯科医師、薬剤師、看護師、PT、OT、ST、SW、ケアマネジャー、ホームヘルパー、介護福祉士、社協職員、行政など参加された職種が、均等に振り分けられました。総合司会のファシリテートのおかげで、非常に話しやすい雰囲気の中でワークが進みました。

日頃、なかなか話を聴くことのできない専門職同士が専門性を発揮しセッションすることで、相互理解を深めることができました。

研修会の後は、居酒屋ぶんなげで交流会が行われました。軽くお酒も入り、さらに交流を深めることができました。交流会の最後には、先生方が準備された賞品をかけてゲームが行われ、大盛り上がりのうちに会が閉じられました。

次回は、11月に開催される予定ですので、是非ご参加ください!

(2014-08-10)


«前へ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || 次へ»
ページの先頭へ