TOP > 研修のご案内 > 研修会・講習会 実施報告 > 「介護過程の考え方研修~個別計画の立案~」【H29.7/8】

「介護過程の考え方研修~個別計画の立案~」【H29.7/8】

平成29年7月8日(土)山口県セミナーパーク(社会福祉研修室)にて、徳山大学福祉情報学部教授徳重柳子先生をお迎えし、「介護過程の考え方研修~個別計画の立案~」と題しご教授いただきました。当日は定員を上回る多くの方、また高齢者施設や病院、障害者施設など多岐に渡る施設種別の方々が参加し、その関心の高さが伺えました。
午前中は、「介護過程とケアマネジメントの関係」というテーマで、参加者のレディネスを確認しながら、ケアプランと個別援助計画との違いや介護過程の展開方法の考え方、ICFの基本的な概念などについて説明がありました。
午後は、事例を用いてご利用者の複雑に絡み合う多くの情報をどのように、関連づけ統合し課題を導き出していくのかグループワークを中心に行われました。日頃頭の中で判断し実際に提供している援助でも、いざ言語化するとなると皆さん苦戦されているようでし
たが、各グループに徳重先生が助言に回られ、難しく考えすぎた参加者の眉間のしわも少しずつほぐれていかれるようでした。1日という限られた時間の中での研修でしたが、日夜現場経験を積まれている方々が多かったので、短い時間の中でも明日からのケア、または個別援助計画書を作成していく上での多くのヒントを得ることができたことと思います。
徳重先生ご教授いただきありがとうございました。また参加された方お疲れ様でした。

(担当:有本)

 

 



アンケート集計(PDF)



ページの先頭へ