TOP > 北部ブロックからのお知らせ

北部ブロックからのお知らせ

平成28年度北部ブロック総会と勉強会のご案内

平成28年度の北部ブロック総会と勉強会を下記の日程で開催します。

尚、ニュースに同封致しましたご案内より、場所等の変更があります。

ご確認の上、皆さまのご参加をお待ちしております。

 

日時    平成28年 6月 25日 (土) 

      13:30 ~ 14:00  北部ブロック総会

      14:00 ~ 15:30  勉強会 「虐待防止について」

会場    福祉複合施設 かがやき  会議室

参加費   会員 500円   非会員 1000円

 

申し込み先   北部ブロック長   刀祢志津子

        Tel  090-7543-7992

        Eメール   siyoustkt@hb.tp1.jp

 

会場が、「つばき」から「かがやき」に変更になっています。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

(2016-06-01)


施設見学のご報告

平成28年3月29日火曜日、宇部市のグループホーム「なのはなの家」へ施設見学に

いってきました。参加は6名でした。

「なのはなの家」は住宅街の中にあり、地域との関わりがとても深い施設です。

到着した時、元の自治会長さんが畑の手入れをされていました。地域の方が気軽に

訪問できる施設です。自治会主催で避難訓練が年に2回行われており、夏祭りなど

行事には地域の方がたくさん来られます。管理者の越野淳子様は「人が訪ねてくる

当たり前の暮らし。それによりおもてなしの心もでてきます。認知症があっても

地域の中で地域の一住民として生き続けられるように、地域との連携を大切に。」

と言われていました。施設の理念「ゆっくり、のんびり、楽しく」そのままの

素敵な施設でした。越野様、皆さま、本当にありがとうございました。

(猫のはなちゃんがかわいかったです)

(2016-04-05)


勉強会のご報告

平成27年12月12日(土)北部ブロック研修会を開催しました。

今回は、「感染症について」と題しまして、感染管理認定看護師である

萩市民病院の 大谷 剛 先生と、都志見病院の 奥川 広子 先生の

お二人を講師にお迎えして、ノロウイルス対策やインフルエンザ対策に

ついて勉強会を開催しました。参加者は11名でした。

ノロウイルス対策ではガウンテクニックなども学び、実際に演習も

行いました。インフルエンザ発生時の対応なども学びました。

これから流行の時期を迎え、自分自身が媒体とならないよう、手洗い、

うがい、マスクや、標準予防策の大切さを学びました。

先生方、本当にありがとうございました。

参加の皆さま、本当にありがとうございました。

(2015-12-22)


介護の日のイベントのご報告

平成27年11月15日(日)に、「介護の日」にちなんで、イベントを実施しましたので

ご報告いたします。

北部ブロックでは、萩ふるさとまつりのおまつり会場にて、介護相談と介護予防リハビリ

体操を行いました。介護予防リハビリ体操には、インストラクターの船津さん、岡崎さん、

景由さんの3名のご協力をいただきました。

始まりは空も暗く、心配しましたが、その後徐々に晴れてきたので安心しました。

おまつり会場では、大名行列や鉄砲隊の実演、「花燃ゆ」の優香さんのトークショーなどが

行われ、にぎやかでした。

北部ブロックの介護予防リハビリ体操へも、40名の方の参加がありました。健康に関心を

もっておられる方や、肩こり・腰痛・膝痛のある方などが参加され、熱心に体操されて

いました。

ご指導くださいましたインストラクターの皆さま、ご参加くださった皆さま、本当に

ありがとうございました。

 

(2015-11-20)


施設見学のご報告

10月27日火曜日、宇部市の老人保健施設「ぺあれんと」さんに施設見学で

お邪魔しました。北部ブロック13名が参加しました。

   介護老人保健施設  ぺあれんと

        定員  入所 100名

            通所  70名

        個性の違う7つのユニットがあります。

ぺあれんとさんでは、施設理念である「尊厳の保持」「自分らしく潤いある生活」

「地域コミュニティ施設」の実現のために、さりげなく寄り添うケア、個を尊重した

ケアが行われていました。暮らしの再構築ということで、環境面にこだわりをもって

おられ、7つのユニットでは、それぞれ異なる材木が使用されており、その材木の

名前がユニットの名前になっていました。すごく落ち着いた感じがしました。

椅子も高齢者用に高さを合わせ、足の長さを測って合う椅子を使ったり、洗面台の

 高さも利用者に合わせてありました。掲示物も利用者の目線に自然にくるように

してあります。普通の家庭をイメージした雰囲気作り、住み慣れた家庭的な環境に

近いように、施設にいても住まいと感じられる環境を作りだしておられました。

だがしやさんはとても雰囲気がよかったです。アロマエステルームもみるからに

リラックスできそうな部屋でした。

その人らしい生活作りを目指し、集団的流れ作業ではなく、個々に合わせた生活作り

をされていました。一人一人の暮らしをどう支えるか、利用者のことをまず第一に、

その人がどのように生活してきたか、その人らしく生活できるように、スタッフの方が

いきいきと働いておられました。

ぺあれんとの皆さま、介護主任の野村様、どうもありがとうございました。

 

だがしやさん、とても雰囲気がよかったです。 

(2015-11-01)


«前へ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || 次へ»
ページの先頭へ