TOP > 介護福祉士とは > 介護福祉士になるには

介護福祉士になるには

介護福祉士になるためには、次のようなコースがあります。
平成27年度に受験制度の改正が予定されています。改正点・時期について、詳しくは社会福祉振興・試験センターのホームページでご確認ください。

社会福祉振興・試験センター「介護福祉士国家試験 受験資格」



平成23年度 資格取得コース

養成施設を卒業するコース

1) 2年以上の養成施設(専門学校、短期大学、大学)を卒業する
2) 福祉系の大学で指定科目を履修した者が1年間の養成施設を卒業する
3) 社会福祉士養成施設等を卒業(修了)した者が1年間の養成施設を卒業する
4) 保育士(保母)養成施設卒業者が1年間の養成施設を卒業する


国家試験を受験するコース

1) 介護等の業務に3年以上従事する
2) 高等学校の福祉科福祉コースを卒業する(NHK学園で実施する通信制も含まれる)


平成24年度からの主な変更点

  1. 特例高校等(高校:34単位)卒業後、実務経験9ヶ月以上介護等の業務に従事した方が受験資格になります。

平成27年度からの主な変更点

  1. 平成27年度からの養成施設卒業者は、介護福祉士国家試験を受験し、合格しなければ介護福祉士の資格が取得できなくなります。
  2. 介護実務経験者の国家試験受験者は、3年以上の実務経験に加えて、「実務者研修」の受講が必要となります。(実務者研修は平成24年度から開始される予定です)
ページの先頭へ